バイオテクノロジー・ライフサイエンスに特化したベンチャーキャピタル

MBLベンチャーキャピタル株式会社

会社の特徴

バイオベンチャーの先駆 株式会社医学生物学研究所(MBL)の子会社として設立

MBLのスタートアップからIPOまでの豊富な経験

企業・大学・研究機関等の幅広いネットワークの活用

バイオ/ライフサイエンス分野に特化したVC

国内外の最新情報に精通し、専門家による精細なデューデリを実施

プロダクト重視の投資判断と最適な資本政策・企業価値の主張

強力なハンズオンを実施するプロフェッショナル集団

個々の専門性・経験を遺憾なく発揮し、実務を遂行するハンズオンで投資先の経営資源不足をカバー

会社の設立はもちろん、研究開発計画・特許戦略を含む事業計画の策定、補助金・助成金等の申請、資本政策の策定と大型資金調達の実行など

独立系VCならではの運営~自由度の高さ、幅広いネットワーク

多数のVCとのシンジケーション組成

会社概要

MBLベンチャーキャピタル株式会社
MBL Venture Capital Co.,Ltd.

設立

2000年1月12日

資本金

345百万円 株式会社医学生物学研究所(JASDAQ 4557)100% Link

本店所在地

東京都千代田区内神田一丁目2番2号 小川ビル2F 〒101-0047

TEL:03-3294-8880 FAX:03-3294-8881Access

役員

代表取締役社長/桂山靖代 取締役/森津孝詞 取締役/山田公政 監査役/中井邦彦

Venture Capitalist

  • Masaya ISHIBASHI

    石橋 正也

    国内担当 マネジャー

    1974年生、東京慈恵会医科大学、筑波大学生物科学研究科を経た後に、現在東証 マザーズ上場の医薬品臨床開発関連ベンチャーの立ち上げに携わる。 その後にCROでの新規事業立上経験を経て自らバイオベンチャー起業。
    2007年2月mblVCに入社。医学、医薬品に関するバックグラウンド、創業経験とネットワークを生かした投資先のハンズオンを担当。

  • Masako HASHIMOTO

    橋本 麻紗子

    海外担当 シニアマネジャー

    90年、東京外国語大学朝鮮語学科卒業 日本エンタープライズ・デベロップメント(株)(NED)入社。米国へ直接投資を行う日系VCの先駆け的存在であった同社で、主に米国のライフサイエンス関連ベンチャー投資を担当、Tularik社など15社へ投資。その後、国内のベンチャー投資も担当。
    99年、NEDの事業譲渡に伴い安田企業投資(株)入社。米国ライフサイエンス関連ベンチャーへの投資戦略策定・ネットワーク構築を推進、20社以上への投資実行を担当。 03年からは国内ライフサイエンス投資も 担当、社外取締役として米国への投資経験を活かしたハンズオン投資を実践。 07年からはライフサイエンス投資チーム(国内・米国)を統括。
    14年、 mblVC入社、主に海外投資を担当。

  • Yasuyo KAYAMA

    桂山 靖代

    統括 代表取締役

    86年大学卒後、システムエンジニア・ベンチャー企業管理部門(経理・人事)を経て93年事業系ベンチャーキャピタル入社。 投資管理業務、投資業務、ファンド出資者対応等を歴任。01年6月mblVCに入社し、現在は投資先の詳細なモニタリング、ファンド出資者対応などを一元的に担当。 2008年、代表取締役就任。
    投資先に対しては、リードインベストメント先の経理総務アウトソーシング受託も兼ねるなど、経営管理実務のハンズオンをおこなっている。

PAGE TOP