バイオテクノロジー・ライフサイエンスに特化したベンチャーキャピタル

MBLベンチャーキャピタル株式会社

LSVF

レクメドと共同で、国内外に投資するバイオ特化VCファンドを運営。

2000年・日本のバイオベンチャーの夜明けとともにスタート

合計32社のバイオベンチャーへ投資、うち4社は会社設立時より事業計画や会社設立準備、ファイナンス支援などベンチャーと一体となってハンズオン支援をいたしました。 バイオ氷河期も経験しましたが、投資先のうち8社はIPOを果たし、次のステージに移り更なる活躍を続けています。

LSVF#1ライフサイエンス投資事業組合

2000年設立 ファンド総額34億円 国内外23社に投資 2011年清算
日本13社:シード・アーリーでのリードインベスターを中心とし、ハンズオンによる支援を実施
米国10社:ミドル・レーターへのコ・インベストメント中心
付加価値の高い創薬・再生医療を中心としたポートフォリオ
投資先23社中7社がIPO/M&A/バリューアップ売却

LSVF#2ライフサイエンス2号投資事業有限責任組合

2004年設立 ファンド総額12億円 国内13社に投資 2014年清算
経済産業省より投資先に対する積極的な指導を行う認定を取得。 エンジェル税制対応ファンド
中小企業産業整備基盤機構からの出資受け入れ
投資先13社中4社がIPO

PAGE TOP